最終的には諦めるしかないの?ハゲは遺伝!?

よく「ハゲは遺伝である」と言いますが、
確かに、家系の中に薄毛の人がいたら遺伝しやすいらしいですね。
特に、母方の祖父がハゲていたら、かなりの確率でハゲてしまうみたいです。
また例えば、親がハゲていたとしたら、
その子どもの内の3人に2人がハゲるか、薄毛で悩まされるそうです。

じゃあ親や祖父がハゲてて、自分もハゲている場合、
もう遺伝だと諦めるしかないのかなぁって思いますよね。

薄毛や脱毛は、主に男性ホルモンなどが関係して起こってしまいます。
なので、若い女性でハゲている女性はほとんどいないのは、
女性ホルモンには、髪の脱毛を予防する働きがあるからだそうです。
閉経後に、髪が薄くなってしまう女性が多いのは、
女性ホルモンが減少するからなんですね。

だから、男性の薄毛予防には、
男性ホルモンなどを上手く抑えることが出来ればいいのです。
もちろん、男性ホルモンを抑えすぎると、
性的に弱くなってしまう可能性があるので、注意が必要ですが・・・。

最近では育毛技術が上がってきているので、
遺伝だからって、すぐに諦めなくても良いと思いますよ。
ネットでも育毛情報がたくさんあるので、
自分に合う方法を探して、頑張ってみると良いでしょう。

薄毛予防には、ヘアケアをしっかりする事と、
ライフスタイルを改善する事が大切です。
洗い残しがないようにきちんと洗髪して、
マッサージをしたり、時には育毛剤も使用しましょう。
後は、食べ物に気をつけたり、ストレスを軽減することも大切です。

遺伝によって、ハゲる予定の人も、
自分自身の頑張り次第で、防ぐことが出来るかもしれないんですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>