髪にはやっぱり適度な運動も必要ですよ。

最近は、若い人でも髪の悩みを抱えている人が増えているみたいですね。

ある実験で薄毛で悩んでいる人に聞いてみたところ、
「そういえば運動はあまりしていない」という答えが返ってきたそうです。

もちろん運動をしないからハゲるという事ではないと思うのですが、
運動不足は、身体の健康だけでなく髪にも良くない影響をもたらすと言われています。

つまり、適度な運動を行うとハゲにくい体質を作ることが出来るんです。

運動を適度に行うと体温が上昇して血行が良くなり、
基礎代謝が上がりますよね。
血液循環が良くなると、頭皮に良い栄養素が行き渡りやすくなります。
ですので、育毛を促進したいのなら適度な運動は必要なんですね。

また、適度な運動は血行を良くするだけでなく、
男性型脱毛症を誘発する男性ホルモンの分泌量を抑えることが出来るそうです。

こういった育毛に良い影響を与える運動は、
無理なくできる有酸素運動が良いでしょう。

有酸素運動とは、いつもより多く酸素を吸い込んで、
十分な呼吸を繰り返しながらできる運動の事です。
有酸素運動には色々ありますが、ウォーキングや水泳が良いみたいですね。

ただ水泳に関しては、プールの薬品などが髪の毛に良くない影響があるかもしれないので、
気になる人はやめた方が良いかもしれません。

ウォーキングは器具を使わないので、
いつからでも気軽に始めることが出来ますよ。

初めは散歩のような感覚で十分なのですが、
慣れてきたら、少しスピードを速めてジョギングすれば効果が高まるかもしれません。

運動は1回30分、1週間に2~3回くらいの頻度で続けていくと良いでしょう。

定期的に適度な運動をすると身体の機能が改善したり、
生活習慣病を予防したり、ストレスを軽減する事が出来るなど、
育毛以外のメリットが沢山あります。

運動をした後は、
できればすぐに洗髪して頭皮を清潔に保つことも忘れないようにしましょう。

 

枕カバーは常に清潔に保っておいてください!

抜け毛が気になっていて、育毛ケアをちゃんと行っていても、
あまり効果が見られない人はいませんか?

実は、育毛シャンプーや育毛剤できちんと頭皮をケアしても、
ある事が原因でムダになってしまうことがあるんです。

そのある事とは・・・枕カバーなんです。

もしかしたら枕カバーが原因で、
頑張って行っている育毛の効果が、
大幅にダウンしている可能性があるかもしれません。

もちろん枕カバーを頻繁に洗っている人は、恐らく問題ないでしょう。

でも枕カバーをあまり洗ったことがない人は、気をつけた方がいいと思います。

人間の頭皮には見えない菌がついていて、
頭皮の炎症の原因になると言われています。
これらの菌が寝るときに枕カバーに付くと、
枕カバーの中で菌が増えていくんです。

毎晩洗っていない同じ枕を使うと、
どんどん菌が増えたり、ダニが湧いたり恐ろしい状態になるんですよ。

寝ている間の数時間、枕は頭の下にずっとありますよね。
ストレスなどで体力が消耗して免疫力が低下すると、
そういった菌などに頭皮が負けてしまって、
抜け毛が激しくなるかもしれないのです。

理想的なのは、枕カバーを3日~5日おきに洗うことです。
またタオルなどを枕に敷いて、
そのタオルを毎日洗うのも良い方法ですね。

そして枕に関しては、洗うのは大変だと思うので、
日に当てて日光消毒をすると良いでしょう。
なかなか難しいかもしれませんが、
枕は定期的に買い替えることをおススメします。

こういった日常生活において、
意外な所が育毛対策の盲点になっている場合があります。

生活習慣や食生活を改善したり、
頭皮ケアをかかさず行っていても、
枕カバーが原因で育毛効果が見られないのは残念ですよね。

枕カバーを清潔に保つことは、
頭皮だけでなく健康にも良いことだと思うので、
ちょっと意識して気をつけてみてはいかがでしょうか。